2018/02/06


あなたは今、幸せですか?

あなたは「今、幸せですか?」「幸せとは何ですか?」と聞かれたらどう答えますか・・・?

今回は「幸せとは何?」というテーマを3回シリーズでお伝えしていきたいと思います。
小学校高学年の時「幸福とは、自分の心の中にある。」という結論を既に見出していました。
つまり、現状を「幸せ」と思う人は「幸せな人」、「現状を不幸」と思う人は「不幸な人」という解釈です。
それで、この質問には決着をつけていました。

ところが今から10年くらい前に「幸福学」という言葉に触れ、最近の5年で「幸福学」をテーマにした論文が世界各地で多数発表されていることに気づきました。

「幸福学」を論じるのであれば、まずはペシミズム(悲観主義)とオプチミズム(楽観主義)の違いを知る必要があるかも知れません。
どちらにも共通するプロセスは、自分の頭の中で何回も何回も反芻し、自ら思い込み、価値観を持ち、信念まで持つようになることです。
そしてその特徴として、悲観主義者は、何か悪いことが生じた場合(経験・体験・環境・他人からの言葉)に対して、悪いことはズーッと長く続くと思い、悪いことは普遍的なものと捉え、個人的に自分はダメな人間だと思うのです。

一方、楽観主義者は悪いことは、長くは続かず、時間的にも現象的にも限定的なものと捉え、個人的には自分はダメな人間だとは思わないのです。
逆に、何か良いことが生じた場合(経験・体験・環境・他人からの言葉)に対して、悲観主義者は、このような良いことは長くは続かず、時間的にも現象的にも限定的なものと捉え、他者の力によるものと捉え、個人的には自己肯定感が低いのです。逆に楽観主義者は、良いことはズーッと長く続くと思い、良いことは普遍的なものと捉え、私は素晴らしい人間と自己肯定感が高いのです。

つまり、日頃からの環境・現象・体験・経験・言葉に対しての考え方・捉え方こそが、悲観主義者になるか楽観主義者になるかの分かれ道なのです。つまり、悲観主義者になるのか楽観主義者になるかはあなた次第なのです。あなたはどちらの道を歩みますか・・・?

次回は、「幸福学」に通じる、ネガティブとポジティブについてお話ししようと思います。

>>>2018年度セミナーお申込みはコチラから
【NLPを活用した実践コーチング研修】
http://www.funaijinzai.com/lp_sugihara01.html
【米国NLP協会認定NLP資格取得10日間コース】
http://www.funaijinzai.com/lp_sugihara02.html

船井総合研究所
HRDコンサルティング事業本部
人事評価・組織開発グループ
上席コンサルタント
杉原 忠



NLP最強勉強会

今週のイチオシセミナー&オススメセミナーはこちら


▲ページトップへ

■杉原 忠のセミナー一覧は、コチラ >>

セミナー参加申込及び、出張研修のご依頼はこちらまでお電話ください。
コンサルティングや経営についてのご相談も承ります。
お気軽にご連絡ください。