硲 俊之(ハザマ トシユキ)

2018/02/13


社員を育てる経営者の視点

経営者の方からの多い相談が
「もう少し自分から進んで仕事をしてほしい」「指示すればやるけれど積極性が欠けている」「真面目で大人しいけれど元気がない」「ウチの社員は気がきかない」などです。

せっかく採用したけれど、なかなか育てることが出来ない経営者が多く「やっぱりウチみたいな会社には良い人が来てくれない」「最近は社員のレベルが落ちてきた」「採用してもすぐ辞める」など人の問題で悩んでいます。

売上や販売の悩みはイライラしても納まりやすいのですが、資金繰りと人の悩みは夜中でもハッと目が覚めることがあります。

人育ての上手な方は「船井流長所伸展の法則」を実践されています。

まず、誰でも「役に立ちたい」「認めてもらいたい」という気持ちは持っています。
しかし、会社の求めていることと本人の頑張っていることが上手くかみ合っていない場合、「あいつは駄目だ」とレッテルを貼られてマイナス評価を受けやすくなっています。

長所伸展とは、あえて本人の良い部分を見つけだし、そして活かせる環境を整備しサポートしてあげることです。会社が大きくなってくると、いろいろな役割が求められます。今、不要な役割でも、会社が大きくなれば必要になってくることがあります。

会社は継続して安定成長することが大切です。
成長することで必要な役割を作っていくことが社員を活かす秘訣です。

役割の見つけ方は「ワクワクすること」「夢中になれること」「やってみたいこと」などを本人に聞いてみることです。そして上司がサポートする面談を定期的にすることが大切です。

でも「見ているとイライラする」「自分の給料分くらい稼いでほしい」「せっかく採用したのに・・・」など、人件費が利益を圧迫していることがありますので、そういう場合は、本人の意識を高めさせる外部セミナーがおススメです。環境を変えることで本人がやる気を出させるきっかけになります。

 

しっかり鍛える

今週のイチオシセミナー&オススメセミナーはこちら


▲ページトップへ


セミナー参加申込及び、出張研修のご依頼はこちらまでお電話ください。
コンサルティングや経営についてのご相談も承ります。
お気軽にご連絡ください。


ページトップへ▲

船井総合研究所会社概要地図個人情報保護方針「個人情報の保護に関する法律」に基づく公表事項
船井総研クレドサイトマップ