貴社の「人材」を「人財」に育成します。

中期的、長期的な視点でみると、会社の力は人材の質と量で決まります。会社を持続的に成長させるためには、良質な「人材」を採用し、会社の財産である「人財」に育てることがポイントであると考えております。
弊社では、教育・研修の専門コンサルタントがモチベーションアップ、スキルアップのためのカリキュラムを作成いたしております。貴社の今と将来を築く社員・スタッフのみなさまの育成にお役立ていただきたくご案内申し上げます。
株式会社船井総合研究所 代表取締役社長 社長執行役員 高嶋 栄

「人財」とは─

船井総研が考える「人財」とは、主体的に自分で考えて行動し、組織に貢献できる人です。文字通り、会社の将来を担う「財産」となる人のことです。最高顧問の船井幸雄は「人財とは自分の独自固有の長所を活かすことで、自分を活かし、他人を活かし、世のため、人のためになるような行動ができる人間である」と定義しています。

最高顧問 船井 幸雄

船井総合研究所の人財育成研修 4つの特徴

1.コンサルティング会社の教育だから現場のノウハウが満載

現場に強い船井総研のコンサルタントが講師を務めます。現場で培ったノウハウを貴社の成長に役立てていただけます。

2.業績アップができる社員・スタッフ育成

私たち船井総研の教育は、企業の成長に貢献できる社員教育を目的にしています。結果にこだわる現場のコンサルティングを教育にも活用しております。

3.目指すのは、グレートカンパニー

私たちは、グレートカンパニーを創出するグレートカンパニーを目指しております。人間性を高め、常に成長・進化を続ける社員育成を行っております。

4.最高顧問船井幸雄による原理原則が礎

当社の設立者でもあり日本のトップコンサルタント船井幸雄の「企業人としてのあり方」と「業績アップの原理原則」をベースにしております。

株式会社船井総合研究所はこんな会社です。日本最大級のコンサルティング集団

「お客様の業績を向上させること」を最重要テーマとし、現場の活性化支援に強みを持ち、独自の経営理論(フナイ理論)に基づくコンサルティングを行っている。また、社会的価値の高い「グレートカンパニー」を多く創造することをミッションとし、企業の本質的な「あり方」にも深く関与した支援を実施している。その現場に密着した実践的コンサルティング活動は様々な業種・業界から高い評価を得ており、501人のスペシャリストが5339社のサポートにあたっている。1988年、経営コンサルティング業界において世界で初めて、大阪証券取引所市場第二部に上場。2005年12月に東京証券取引所第一部に指定換えされました(数値は2010年12月末現在)。


ページトップへ▲



セミナー参加申込及び、出張研修のご依頼はこちらまでお電話ください。
コンサルティングや経営についてのご相談も承ります。
お気軽にご連絡ください。