人財開発ビジネスコンサルティング
貴社の「人材」を「人財」に育成します。 東京、大阪、名古屋、その他各地で研修セミナーを開催 階層、テーマに沿ったプログラムを提供
出張研修も随時受け付けております
メールマガジン登録
特設ページはこちら

今週のイチオシ☆セミナー

今週のイチオシセミナーイメージ

近日開催おすすめセミナー

工藤健治
工藤おすすめセミナー

田邉良吾

田邉おすすめセミナー

杉原忠
杉原おすすめセミナー

梶野 順弘

硲 俊之


コラム  最終更新日:2018/2/20


オリンピックに思うこと


株式会社船井総合研究所
梶野 順弘 (カジノ マサヒロ)


いつもありがとうございます。

毎回、オリンピックになると、メダルを獲った選手の言葉にいろいろ気づかされることがある。
例えば、女子スキージャンプで銅メダルを獲った高梨選手は、『何より、日本チームのみんなが下で待っていてくれたことがすごく嬉しかった。』と語った。さらに、今まで自分のジャンプで人々を励ますはずが、反対にファンから「力になりました。」「感動しました。」と励まされたことが「何よりも嬉しかった。」という。こうして、4年前の悪夢に決別したといえよう。

そして、女子スピードスケート1500mで銀メダルに輝いた高木美帆選手は、『いろんな人に教えてもらって、込み上げる気持ちがあった。でも、やっぱり金を獲りたかった。』という。

男子モーグルで銅メダルを獲った原選手は、「墓参り」に行ったという。
そして、これからメダルを獲る選手の口から出る言葉は、大体想像がつくと思う。
それは、必ず「コーチや周りの人に感謝している。」というメッセージである。これは、自分だけでやってきたのではなくて、まわりの人のおかげだということであり、感謝の気持ちを素直に表しているメッセージといえよう!
そのような中で、京セラの元社長の稲盛和夫氏は、次のようにいっている。

仕事の成果 



=  心のもち方  ×  熱意  ×  知識・技術・サービス

では、どれが一番大切か?というと、①番の心のもち方である。
何故だろうか?


続きを読む


店長の仕事セミナー・部下を定着させるための【個別面談の仕方研修】 >>

梶野 順弘