人財開発ビジネスコンサルティング
貴社の「人材」を「人財」に育成します。 東京、大阪、名古屋、その他各地で研修セミナーを開催 階層、テーマに沿ったプログラムを提供
出張研修も随時受け付けております
メールマガジン登録
特設ページはこちら

今週のイチオシ☆セミナー

今週のイチオシセミナーイメージ

近日開催おすすめセミナー

工藤健治
工藤おすすめセミナー

田邉良吾

田邉おすすめセミナー

杉原忠
杉原おすすめセミナー

梶野 順弘

硲 俊之


コラム  最終更新日:2018/4/24


上司、部下との距離感を使い分けていますか


株式会社船井総合研究所
田邉 良吾 (タナベ リョウゴ)


1.人間関係には適切な距離感が必要である
 人はそれぞれ違った個性や価値観を持っています。人間関係とはその個性の交わりです。家庭でも、夫婦の距離感、親子の距離感、兄弟の距離感、親戚との距離感などがあります。この距離感を間違えると、夫婦でも親子でも関係に問題が発生します。子供に対して過保護で世話を焼きすぎても自立を遅らせることになりますし、放任しすぎても道を間違えてしまいます。適切な距離感を意識しなければなりません。

2.会社内にも微妙な距離感がある
会社でもトップや上司との距離感、同僚や部下との距離感があります。仕事ができる人はトップや役員と接したり、直接意見を述べる場も増えますが、振る舞いや発言には十分注意しなければなりません。トップや上司の立場も理解しつつ、場の空気を読んで、行動や発言をする必要があります。可愛がられていても馴れ馴れしすぎるのは問題です。 また、社内の上司とは誰とでも親しく交流する人も問題です。八方美人と思われ余り信頼されません。リーダーはある程度付き合いの門戸を閉ざす必要があります。

3.部下との距離感は平等に同じではいけない



続きを読む


PDCAサイクル実践セミナー >>

田邉 良吾